自分にぴったりの池袋の美容院探し

たくさんあるサロンの中から、自分に合ったお店をみつけるためのコツを伝授

池袋美容院探しHOME » 知っておきたいヘアケア知識 » キレイに巻き髪をつくるコツ

キレイに巻き髪をつくるコツ

巻き髪をコテでキレイに仕上げるコツとは

巻き髪には、内側に巻いていくフォワードと、外側に巻いていくリバースがあります。この2つを組み合わせることできれいな巻き髪を作ることができます。

コテの温度は、150度がベスト!髪をコテに巻きつけて毛先に向かって巻いていきます。せっかく巻いた髪をキープしたいなら、巻き髪専用のウォーターを使うことをおすすめします。コテの太さは、30ミリから38ミリがおすすめです。特に髪が長めなら太めで、短ければ細めを使うのがポイントです。

万が一、コテをうまく使いきれなくて失敗してしまったら、髪を霧吹きなどで濡らしてもう一回チャレンジしましょう。コテを使う注意点として、あまりあてすぎてしまうと髪のダメージが強くなってしまいますから、髪を乾かしてからあまりあてすぎないようにしましょう。もちろん髪も引っ張らないでくださいね。

実はデジタルパーマならとっても楽ちんなんです

デジタルパーマって最近よく耳にしますよね。このパーマは要するに、形状記憶パーマのことです。

デジタルパーマに似たもので、デジカール・セレブカール・メモリーカール・マイクロなど、形状記憶パーマです。これらは、熱がでるロッドを髪に巻いてから、パーマ液をかけます。ですから、通常なら薬液のみのところを、熱と薬液とで施術しますから、これまでより、よりパーマがかかり長持ちするという特徴があります。

ただし、髪が薄い人は施術の際は熱くて重いです。これはホットパーマの時もそうでしたよね。後でデジタルパーマからやっぱりストレートに戻したいと思っても、熱で髪にあるたんぱく質が変性してしまいますから、完全には戻らないでしょう。その分パーマはよくもちます。

 
池袋美容院探しHOME » 知っておきたいヘアケア知識 » キレイに巻き髪をつくるコツ